もなでう゛- 技術者のブログ

webとかAIとか仮想通貨とかを技術的に話します

モナコインを雑に説明してみる(for プログラマー)

calendar

まだ仮想通貨・ビットコインやモナコインに触れて間もないのですが、モナコインとは?を、知ったかぶりをしながら簡単に説明してみます。

モナコインって何でしょう?

通貨(コイン)のやり取りを記録した台帳(データ)を電子化し管理するシステムのことです。その中でやりとりする通貨の単位がモナコインというわけです。基本的な台帳(データ)の作り方はビットコインと多くの部分で共通点があります。ビットコインのクローンと考えてもいいかもしれません。しかし、仕組みが似ているだけで、ビットコインとは全く別の通貨です。

なお、原則として台帳(データ)は変更は行えず、ひたすら積み重ねていくことしかできないようになっています。

台帳(データ)を管理するプログラムは?

https://monacoin.org/で配布されているプログラムが管理します。プログラムを起動するとP2Pで通信するノードとなり、ネットワークの全てのノード同士で台帳(データ)を共有します。WinnyやShareというP2Pのファイル共有のソフトウェアがありましたが、プログラムのイメージとしてはそれに近いです。一極集中して管理を行うノードは存在せず、全てのノードの多数決によって台帳の善し悪しの判断をしていきます。

例えば、あるノードが不正に改ざんを行ったデータを台帳に登録しようとしても、一定のルールに従わないデータは多くのノードに却下され、結果、台帳に追加されなくなります。そのようにして、台帳の整合性を保ちます。

台帳(データ)は誰でも読めるの?

読めます。暗号化されているとは言え、解読する鍵も付加されているため、過去の履歴を遡って全て公開されていると考えて良いでしょう。ただし、ウォレット(財布。口座のようなもの)は自ら公開しない限り、誰がどのウォレットを使用しているかは分かりません。なお、仮想通貨によっては台帳(データ)を解読できない仕組みのものもあります。

送金すると台帳(データ)に送金データが追記されるの?

はい。ただし、送金を行った瞬間に台帳(データ)に追加されるわけでは無く、一旦保留され、マイニングという計算を行って追加します。マイニングを行うための専用のプログラムもあります。マイニングを行うためには、あるルールに従った膨大な計算の競争を行います。競争の勝者が台帳(データ)に保留してある送金データを追記し、それを他のノードが承認することにより送金データが追記されます。
勝者にはご褒美として、送金者が決めた送金手数料と一定のコインが与えられます。

モナコインとビットコインはどう違うの?

例えば暗号化方式が違ったりしますが、

  • 日本発(初)の仮想通貨である
  • ビットコインよりもっともっと発展途上である
  • ゆるいつながりのコミュニティが複数活動している

という特徴があると思います。少し前は秋葉原で映像を流すプロジェクトがあったみたいですね。


どっちかというとモナコインというより仮想通貨全般の説明な感じですが、まずはこれくらいで。。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

ひろうどん

山陰の田舎に住むSEです。